読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系女子ログ

3年目 Webデザイナーが、最近気になるアレコレ

Wd2200 Project、中間報告②(5/5〜8/15)

f:id:tosssaurus:20150815212552j:plain

Webデザインの省エネ脳を習得すべく遂行しているプロジェクト、Wd2200 Projectですが、少しさぼり気味でした…。お盆休み中にひとまとめして、仕切り直したいと思います。

5/5〜8/15のデザイン勉強時間

Activity Type

Duration

Percent

Job

578時間 7分

96.1

Watch Design

6時間 0分

1.0

Read Design

5時間 45分

1.0

Write Blog

5時間 0分

0.8

Cording

3時間 30分

0.6

Fw Tips

1時間 30分

0.2

Watch Art

1時間 0分

0.2

Read Books

40分

0.1

Total

601時間 32分

100.0%

記録も1ヶ月まとめてしたりしているので、漏れがありますが、見ての通りほぼ仕事ですね。仕事は1日8時間で記録しています。残業時間は記録していません。

こまめに記録をつけるよう心がけないと、すぐに忘れてしまいますね。

 

累計学習時間(4/28〜8/15)

Activity Type

Duration

Percent

Job

578時間 7分

95.0

Read Design

8時間 49分

1.5

Write Blog

7時間 10分

1.2

Watch Design

6時間 0分

1.0

Cording

3時間 30分

0.6

Ps Tips

1時間 30分

0.2

Fw Tips

1時間 30分

0.2

Watch Art

1時間 0分

0.2

Read Books

40分

0.1

Total

608時間 18分

100.0%

 

608時間÷2200時間 = 約27%達成しました。

まとまった時間の学習はあまりできていませんが、スキマ時間にWebデザインをチェックしたり、Tipsを読んだり、業務で使ったJSを掘り下げて調べてみたりと、+αの勉強を意図的にするようにしています。

上達の実感はと言いますと、少しですがあります。
今までデザイン案を提出するときに(とりあえず分からないなりに頑張って飾ってみました…おかしくないですか?)みたいな受け身のスタンスで、修正が入るとヘコむ、というような消極的な姿勢でしたが、最近はデザインの説明を毎回するようにしています。「ここはこういう理由で中央揃えで、こういう理由でこの大きさで…」というように。
修正が入っても、「どういう意図でその修正が入ったのか、その修正を入れるとデザインがこう変わるので、こういう印象になるのでこうする方がいいのでは…」など、返事をする前に修正後のデザインがどう変わるか、落としどころはどこかを毎回確認してから作業に入るようにしています。

要は、デザインを言葉で表現するようにしているということです。そうすると、デザインする際にも、なぜこのデザインがいいのか、他にいい案があるのではないかと常に思考錯誤するので、以前よりぶれないデザインができているように思います。

英語でひとこと

I don’t think that design needs theory, but I think designers need theory.
デザインにセオリーは必要ないが、デザイナーには理論が必要だ。 


Johanna Drucker