読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系女子ログ

3年目 Webデザイナーが、最近気になるアレコレ

ネット上に個人情報を晒すことについて思うこと

f:id:tosssaurus:20150304124622j:plain
私自身知識がなく未熟な人間な自覚があるので、犯罪に関することについての発言は控えたいのですが、現在ネット上での個人情報流出が大変問題になっているので、ネットに関わる仕事に携わる者として考えておきたいと思い、記事にしました。
また、この記事をご覧頂いた方に、少しでもネットについて気にかけて頂ければ幸いです。

現在、問題だと思うこと

川崎の中1殺害事件後、"犯人"に関すると思われる顔写真や、名前、住所、学校などの個人情報が容疑者の逮捕前から蔓延していました。
容疑者が逮捕されてからは、容疑者自身やその家族、友人の個人情報が事細かにネット上に晒されています。中には容疑者の自宅を撮影した動画などもあるとのこと。
さらには、容疑者の家族、友人、同級生だけでなく、全く関係のない方の顔写真や個人情報までも同じように晒されていることで、大変問題になっています。

問題が起こった要因

なぜ、ネット上での個人情報拡散がここまで横行してしまっているのか。問題が起こった要因は、
  • 事件の痛ましさ、残忍さ、無念さなどが沢山の人に衝撃を与えた
  • 事件現場付近の防犯カメラの映像や、被害者の交友関係などから容疑者の絞り込みは早くからされていて、それが報道されていたのに、逮捕に至るまでに時間がかかった
  • 容疑者が未成年であり、少年法により個人情報が報道されなかった

以上の3点が重なったことが大きいと考えます。それを踏まえ、

被害者が若く、残忍な犯行

犯人に対する強い怒り

容疑者が未成年で少年法により個人情報も報道されず、
刑も軽くなるのでは

許せない、個人情報を晒してネット上で社会的制裁を

共感する人が多数、エスカレート

 

という流れで無法地帯化してしまっているのだと思っています。

ネット上での個人情報拡散について、私が思うこと

私個人が感じるのは、「そもそも被害者に関する個人情報の報道は適切なのか。」「知る権利がある以上の情報が、無作為に報道されすぎているのではないか。」「情報を発信する者に責任感や配慮が欠落していないか。」ということです。
また、「情報を受け取る側にも、配慮が欠落しているのではないか。」とも感じます。現状を問題と感じない程、情報を欲する側の需要があり、沢山の人が「こんな酷いことをするヤツは晒されて当然、被害者の為にも晒すべきだ」という共通の認識により、エスカレートしてしまっていったのだと思います。
私はこの問題から、いつ自分の個人情報が晒されてるか分からない、と恐怖を強く感じます。しかし、情報を晒している方はおそらく恐怖は感じないくらい、自分は無関係の位置にいると思っているのではないでしょうか。
確かに、自分でsnsに顔写真や個人情報を書き込んだりしてしまうのは軽率です。
しかし、そうだからといって故意に(悪意を持って)、他人の個人情報を拡散していいことにはならないと思います。
さらに、「悪いことをした者は晒されて当然」みたいな流れがネット上で出来てしまっていることや、面白半分で見る者がいることも大変問題だと思います。
日本はマナーやモラルが良いとよく聞きますが、ネット上に関してはマナーやモラルが欠如しているように感じます。現実社会と違い匿名性が高いからといって、何でもあり、ではないでしょう。
f:id:tosssaurus:20150304125322j:plain

どうすれば問題が起こらないか、考えることが必要

どうすれば、このような問題が起こらないか。最低限、自分から顔写真や個人情報を漏らさないようにするしかないのですが、防ぎようがない場合もあります。法律を整えたり、ネットマナーを考える場を設けるなど、今の時代に対応した行動が必要なのではないでしょうか。
改めて、私自身リテラシーの勉強が必要だと感じました。
お時間のあるときに、ご一読いただければ幸いです。
f:id:tosssaurus:20150304125357j:plain

参考サイト