読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系女子ログ

3年目 Webデザイナーが、最近気になるアレコレ

大学やスクールを検討されている方に、フリースタディのススメ

IT Knowledg Web

f:id:tosssaurus:20150301233235j:plain

フリービジネスは今や有名で主要なビジネスのひとつですが、その中でも今、一番注目したい分野は、"学び"の分野ではないでしょうか。
というのも、私もフリースダディの恩恵を受けているひとりだからです。

  • 地方に住んでいるので、都心のスクールに通うだけでも費用がかかってしまう…。
  • そもそも、スクールに使えるまとまったお金がない…。
  • フルタイムで勤務していて休みの週末は、1週間分の家事でほとんど終わってしまう…。
  • 使える時間は通勤時や家事の合間のすきま時間くらい…。

地方住みで、お金も時間も学力も体力も無い、こんな私でも特に条件なく簡単に気軽に学べ、仕事に活かすことだってできています。
今回は私が利用しているものを中心に、動画で学べるものをご紹介します。
※私の学びの主な目的は、仕事のスキルを上げることなのでWebデザイン、プログラムなどのIT分野多めのチョイスです。

従来の"学び"方

例えば、未経験でWebデザイナーに就職したい時に、まずWebデザイナーに必要な知識や技術を身につける必要があります。知識や技術を身につける為には、一般的には学校やスクールに通います。
しかし、授業料が発生することで金銭的な制限が、通う為には時間的・地理的な制限が必ずあります。 これは社会人にとってはかなり高いハードルです。なかなかの覚悟や援助がないと難しいでしょう。
全日制の通学はもちろん、夜間や通信制であってもある程度まとまった学費、時間必要です。

独学であれば割安で学習出来ますが、強い強い意志が必要なので、誰にでもできることではありません。また、専門的になればなるほど書籍1冊でさえ高額になってきます。
しかし、今の時代、インターネットが利用できる環境があれば誰でも、動画で、しかも無料で学習出来るサービスがあるんです!
"eラーニング"という言葉が有名です。情報機器を介して教育を受けられるんですが、機器さえ用意すれば、授業料が無料のものも多くあるのです。本当にありがたい時代です。

フリースタディのメリット・デメリット

ネット上の無料動画で学習できるメリット、デメリットを考えてみました。

メリット
  • ネット環境があれば、誰でもどこでも好きな時間に学べる
    →地理的、金銭的、時間的制約が限りなくゼロです。
  • ダウンロード出来るものはローカル環境でも利用できる
    →私はダウンロード出来るものはiPhoneに移して、通勤電車の中で学んだりしています。
  • 無料なので気に入らなければすぐに辞めれる、気にいるものだけ受講できる
    →どんなに面白そうで分かりやすそうな案内でも、実際に受講してみると「思ってたよりつまらない」なんてギャップが出るのは珍しくないでしょう。また、あんまり積極的に学びたい分野でなくても、試しに受講してみるとはまってしまった。なんて新たな分野との出会いも、気軽にできるでしょう。
    講師のこの講義のこの部分だけ、などリアルではやり辛いことでも、気兼ねなくできます。
デメリット
  • ネット環境がないと利用できない
  • 環境構築費用が高い
    →通信費、機器代(PC、タブレットスマホ…)
  • 全ての分野を網羅しているわけではない、また分野によって動画数の偏りが結構あります
    →学びたい分野の講義がない場合もありますし、動画の選択肢が少ないこともあります。
  • 操作や講義内容に不明点があった時のサポートが少ない
    →不明点は自分で調べるなり、問い合わせるなり、解決には積極的に行動する必要があります。
  • 独学と同じように学ぼうとする意思が必要

おすすめのフリースタディのサービス一覧

gacco(ガッコ)


いつもお世話になっています。
講師が基本的に大学の常勤講師なのが最大の特徴です。大学の講義を無料で受講できます。動画が10分くらいの長さで区切られていて、すきま時間にも利用しやすく、かなり続けやすいです。
また、毎週レポート提出があり、基準点を満たすと修了書を発行してもらえる講座もあります。大学の講座なので、固めの講義でまとまっています。
おすすめ講座は、東大、山梨大、中央大などの統計学Ⅰ:データ分析の基礎 、茂木さんの脳と創造性 や慶応のポップパワーなどです。(2015年3月1日現在)

講座数は少なめで、動画の公開期間が決められていて、いつでも自由に見れるわけではないです。(期間内であれば何度でも見れます。) 
その分、gaccoの嬉しいところは、動画がほぼダウンロード可能なところです。 私は、気に入った講義がダウンロード可能であれば必ず保存しています。これで、公開期間が終了しても思う存分見れますし、ローカルでも視聴できるので通勤電車の中でも学習できます。

講義の内容は、全体的に専門的な分野の導入段階で終わっており、さらに専門的な内容の動画が今の所ないです。「続きは大学に入学してからね」的な感じが強いです。それも大学っぽいですが。
そこから先を学びたいんです…。というのは無料では難しい話ですよね。
また、gaccoのサイトのUIが結構分かりづらいです…。今後更新され、使いやすくなることに期待しています。

とは言いましても、無料で受講させていただいているだけで大変ありがたいです。ずっと続いていってほしいサービスですね。

schoo(スクー)

f:id:tosssaurus:20150210185046j:plain

こちらもいつもお世話になっています。
gaccoが大学なら、schooは専門学校や社会人向けスクールと言えば、イメージが伝わりやすいでしょうか。楽しく皆さんと一緒に学びましょうといった感じです。

特徴は、リアルタイムの放送で、受講中に受講生が質問や意見を投稿でき、講師がリアルタイムで拾って授業中に答えてくれるというようなライブ感です。
受講生同士のやり取りもでき、一歩通行でない印象です。
ただ、正直平日の19時からの授業など、職業柄絶対に見れないのが辛いところですね。Web系の授業でリアルタイムに受講できる方は、フリーとか学生とかで通勤のかたはいないと思います。
しかし、schooでは、ほぼ全ての講座の録画授業があり、月に1本まで無料で見れます。また、無料の録画授業も多いです。有料でも、月525円でプレミアム会員となれば、全ての録画授業が見放題になります。
月525円は破格ですね。
おすすめ録画授業は

明日から使えるデザイン基礎理論(全3回)WebデザインのためのPhotoshop実習(全3回)東京大学 i.school 人間中心イノベーション概論(全8回)などなど、無料でもたくさんありますよ。

授業内容は、Web、デザイン、プログラミング、スタートアップ(創業)、英語などWeb中心に用意されています。

ドットインストール

f:id:tosssaurus:20150210185119j:plain

こちらは紹介するまでもなく、超有名なフリースタディの代表的なサイトです。
プログラミングの学習を約3分間の動画で学んでいきます。
教えてくださる方の操作がスマートで、見ているだけで勉強になります。
こちらの動画で一通り勉強すればかなり実務で役立つと思います。

基本的に無料は初心者向け動画、中級者向け動画は月880円のプレミアム会員になれば受講できます。

iTunes U

 

f:id:tosssaurus:20150210185155j:plain

iTunes U

iTunes U

私はまだ利用したことがないですが、フリースタディのAppがありました。

以下参考にどうぞ。

iTunes U: 世界の授業を受けられるApple公式の学習支援アプリ。東大の講義もあるぞ! | iPhoneアプリ/iPadアプリをおすすめするAppBank
iTunes Uで日本の有名大学の講義を受けてみる - NAVER まとめ

Khan Academy(カーン アカデミー)

f:id:tosssaurus:20150210185424j:plain
英語が主な言語ですが、日本語の吹き替え版も全てではないですが、用意があります。

KHAN ACADEMYの特徴は、対象が小学生〜と比較的若い年代向け動画があるというところでしょう。小学生向けのやさしい内容の動画を英語で視聴すれば、英語の勉強になりそうです。
社会人向けのフリーラーニングが今は多いですが、今後は学生向け動画もどんどん増えていきそうです。


You Can Learn Anything - YouTube

最後に

いかがだったでしょうか。探せばもっともっと面白い授業があるかと思います。私の現状では、こちらでご紹介したサイト全て合わせると、受講しきれないくらいの量がありますので、勉強する分には当分困りません。

だいぶ前に読んだ茂木さんの本の中で、"高額な授業料を払ってまで大学に通わなくても、インターネットの勉強だけでノーベル賞をとる学者が出てくるようになるのでは"とおっしゃっていました。 

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

 

近い将来、現実になりうる話だと私も思います。
大学受験もmanaveeなどのサービスがあり、あとはインターネット環境構築のハードルが下がればもっともっと学習環境の垣根が低くなると思います。

フリービジネスに関する記事はこちらです。フリービジネスがなぜ数千億円の利益をもたらすのか? - IT系女子ログ